粟国遠征32日目🐟


こんにちは。コウヤです。

昨日は粟国遠征で、今シーズン島に渡ってのトリップも含めると32日目の筆ん崎ダイビングでした。

前日に慶良間諸島での、ドリフト2本を含む3本のダイビングでウォーミングアップが完了しているかと思いきや、
想像を上回る潮の流れで、1本目から「足首と心がもげそう」と言ったゲストさん。
心がもげるという表現は初めて聞きました。折れない心も、根こそぎもいでいく粟国の潮流。
心を回収しに行こうにも、潮に流されて今頃どこに行ったのでしょうか。

 

それでものんびりとギンガメアジの群れを眺められる時間もありました。
2本目は1ダイブまるっと、縦にぐるぐる、横にぐるぐると形を変えるギンガメアジの群れを堪能。
心をもがれたひとりのお客様は、そんな2ダイブ目に船上でまったりしていたそうな…
2本目行って、3本目休憩って言ったじゃない。
来年、長ーいフィンと、でかーいタンクで、もがれた心を取り返しに行きましょう。

あ、7月18日でもいいですよ。
たぶん今シーズンの粟国ラストになります。
まだ空席ありますのでお問い合わせお待ちしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA