辺土岬 調査ダイブ


オオメカマスの群れが安定して見られているということで、調査に行ってきました。
初めて辺土岬へドライブに出かけたとき、道路標識に書かれている、
「cape hedo」を「カペヘド」と読んでいたことを思い出しました。
沖縄の地名って変わってるところが多いね。みたいなイメージ先行でしょうか。

目的はオオメカマスの群れでしたが、結果的にスカシテンジクダイが撮れたことが一番の収穫でした。
立派なイソバナがある、ちょっとしたオーバーハングの下にスカシテンジクダイが群れています。

25mほどと少し深いのですが、見応え、撮り応えがあります。
なかなかイソバナにスカシテンジクダイが被らなかったのですが、うまく撮れました。
左後ろに写っている地形が、辺土岬感を出している気もします。

オオメカマスの群れも見れました。
ここ最近で2回中2回見れています。

が、逃げ足速く、群れも間延びしてなかなかまとまらない。
またよく見ると深場にも別群がいます。
くっついて高さと厚みが出たら最高でしょうね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA