奄美大島ホエールトリップ 1日目


「奄美大島ホエールトリップ」、事故もケガもなく無事終了しました。
結果から言うと2日間ともクジラと泳ぐことができました。
とは言っても簡単だったわけではなく、なかなかハードで、
その分ドラマチックな展開と大きな感動がありましたので、1日ずつ振り返ってみます。
長くなりますが読んでもらえると幸いです。

1日目

風が強く波も高い、さらにお昼からは大雨の予報。
前日の夜から、出港できないかもしれないという不安でいっぱいだった。
今回のトリップではスイムに挑戦できる日は2日間のみ、
そのうちの1日が潰れてしまうというのは大きな打撃。

結局朝は早めの集合で、出港するかどうかは朝判断しようと船長と話をした。
朝7時、ボートに集合した僕に船長は「ほんとに行くの?」と聞いた。
というのも、クジラ探しは大島海峡を出て奄美大島の西側、
あるいは東側の外海で探すのが基本で、
この風だとたぶん外海には出られず大島海峡の中で遊ぶしかない。
さらにいつ大雨が降り出すかもわからない状況…
皆に変な期待を持たせるわけにもいかず、
「クジラは諦めて海峡の中の加計呂麻島(カケロマ島)のサンゴのきれいなところでシュノーケルをするか、
陸でゆっくりするかのどちらかになるね。」
と話をした。
結局、クジラにはたぶん会えないよという前提で海に出ることになる。
ホエールスイムに挑戦するこのトリップで…。

大島海峡の中をゆっくりと船を走らせる。
今日はここだけが波の小さい安全地帯。
船長は”3つぐらいのシュノーケルポイントを回ろうか”と考えてくれていたらしい。
だけど諦められない。
年に何度かは、この海峡内をクジラが通ることがあると聞いたこともある。
小雨が降り、薄暗い中、目を凝らして探していた。
すると海峡の西の端にさしかかったところでクジラのブローらしきものが見えた。
だけど自信が持てない。じっとそのあたりを見つめる。
2度3度のブローらしきもの。
「船長あそこ…」と声をかけたとき、小さくテールが上がるのが見えた…!
「クジラーー!!」と叫んで立ち上がっていた。

 

まさかのクジラ発見に鳥肌が立った。奇跡が起きたと。
でもまだ安心はできない。
ブローで息継ぎをした後、どこに浮上するか。
海峡から出ていくところだったかもしれない。
海峡を出るとそこは荒れる海、スイムに挑戦は出来ない。
息をのんで次のブローを探した。
すると数分後、海峡の内側でブローを発見。
海峡内に向かっている…!

クジラを見つけても、必ずしもスイムに挑戦できるわけではない。
スイムに挑戦するかどうかは、クジラの進行方向や泳ぐ早さ、
潜ってから浮上するまでの時間、浮上後に水面で何度ブローをするか。
いろんな要素を考慮して経験豊富な船長と相談し決める。
このクジラたち以外に今日はチャンスはない。
距離を取って何度かのブローを見送って、いざ挑戦。
1度目のスイムは僕とゲスト3人だけがうっすらと見れた。
海峡内ということもあって、透明度が良くない。
よっぽど近くでないと、初めて水中でクジラを見るゲスト達はわからないだろう。
「エントリーにもたつかないで、もっと詰めて待機、さっと入って先頭から離れないで。」
と指示を出した。

 

3度目の挑戦。岸寄りに浮上したクジラを見つけ、船長は船を寄せていく。
水深は浅そうで、かわされるとしたら海側しかない。
先頭が海側を意識して寄れば、これはいける…!
エントリーすると、透明度の悪い海からぬっとクジラの姿が見えてきたと思うと、僕の真横をゆっくりと通り過ぎようとした。
「右!」「下!」と叫んで知らせる。
クジラは水面近くをゆっくりと、みんなの真近をなめるように泳いでいった。

写真提供 太田健次郎(アクアダイブコホロ)

 

全員がスイムに成功したはず!!
皆の喜ぶ声と笑顔が、聞くまでもなく成功を語っていた。
自分が初めてクジラを見たときぐらいに感動した瞬間だった。

ここでしかない場所で、このタイミング。
奇跡が起きたと言っても大げさではない、感動の1日となった。

 

大島海峡内をホエールスイムで横断

 

今回ご協力を頂いた方々

船長 けんちゃん アクアダイブコホロ
Instagram https://instagram.com/ken_diver?utm_source=ig_profile_share&igshid=1g4ni112ug9ob

 

アシスタントガイド 俊作 水中写真家 ひだまりスタジオ
Instagram https://instagram.com/shunsaku_kamide?utm_source=ig_profile_share&igshid=17ybv1elrzz63

http://uw-photography.net/

 

民宿よーりよーり
http://yo-ri.la.coocan.jp/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA