奄美マッコウチャレンジトリップ2022.9/24-25


2022.9/24-25で開催してきました!
まずはお世話になったマリンスポーツ奄美さん、ありがとうございました!
簡単に時系列でレポートをダラダラと書きます!

9/24

北風が強く、なかなか波があり、雨もぱらぱらと降る中での出港。
外洋に出た頃、才さんが”この波の中エキジットできる?”と確認するほどでしたが、
今回は特に初めてのマッコウチャレンジ開催ということで、精鋭達と挑みましたので続行。

雨は止んだものの、波がありなかなかクジラが見つからない。
マッコウクジラはザトウクジラと違って、斜めにブローをするので、
比較的高さが出づらい。
風向きによっては全く上がらないということもあるので、波と風がある中での遠くのブロー発見は望めない。

出港から5時間が経ってもブローが見れず、これはこれでしょうがない。
帰港時間を考えて、あと5分で帰ろうと思っていた瞬間に、才さんの「はい、ブロー!」

慌てて準備をしながらも、才さんいわくなかなか難しいかもと。

エントリーのチャンスがあるなら1回でも入りたい!
ということでゆっくり合わせてもらうと、マッコウクジラは僕らの前をゆっくりと横切って行きました。

5時間探して待望の一瞬をものにできた感覚、みんなからしたらひとつの夢が叶う瞬間。
数秒間ではあったけれど、マッコウクジラの動きはスローモーションに感じられ、
水面では歓喜に溢れていました。

一発逆転、これがあるから自然は面白い。

 

夢を叶えた興奮のためか。5時間探した疲労感を忘れ、帰港後はそのまま着替えずにビーチへ。
浅場は白化していましたが、ビーチエントリーでこれだけのサンゴが見れるとは

夜は才さんにも参加してもらってみんなでバーベキュー。
もちろん、話は尽きませんねぇ。

 

9/25

昨日とはうってかわってお天気・海況共に抜群。
昨日の条件であれだけ見れたのだから…
と期待値は上がってしまうものですが、マッコウクジラがいるかどうか、見つけられるかはまた別の問題。

なんて気を引き締めながら探していましたが、なんなくブロー発見。
そして期待通り、昨日よりもより近くで見れました。
みんなの真下を仰向けで泳いで行く姿に感動。

こうやって見るとなんだかわからない気もする。
なかなかマッコウではまだないシチュエーションかなと思いましたが、
頭がしっかり写っているベタな方がわかりやすいではありますね。

スイムをやっていると別の個体も発見。
この日は合計5頭のマッコウクジラと遭遇しました。

一度潜ると40〜60分浮上してこないので、進行方向を読みながら探し続けることになりますが、
同時に何個体か見つけられると、それぞれの浮上時間と移動方向・距離を計算して、
順番にアプローチすることができます。

こうなると忙しい。幸せな忙しさです。

「この子はさっき泳げた!」
「この子は泳げなかったけどどうだ?」

なんてことを繰り返しながら楽しい時間は過ぎていきました。

結果的に2日間無事にスイムが成功し、大満足のトリップとなりました。

水中観察に夢中になりすぎて、船上からの撮影はしていなかったので、
今度は落ち着いてかっこいいテールの撮影もしたいな。

来年もまた開催します。
2023.7/4-5,6-7,8-9
2日間で1セットの3回転です。

詳しくはこちら→https://journey.okinawa/snorkel/spermwhale/

ご興味がありましたらお気軽にお問い合わせください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA