TG-6 クジラ撮影を考える


TG-4をずっと使っていて、一眼レフに移行したのでTG-5、TG-6を使ったことがなかったけど、
今回TG-6をいじる機会があったのでいろいろ試してみた。
TG-6になっても、依然シャッタースピード優先がないけど、できることが増えていた。
触ってみた感覚ではイルカ・クジラはかなり撮れるようになっているのでは…て感じ!
変わっていた点は3つ!

連写にしても記録サイズはRAWで選択できる。
これは大きい。

低速限界設定。
シャッタースピード優先はないけど、シャッタースピードの速度を高くキープできる。
これより遅くで撮るんじゃないよ。ということ。ストロボを使わないクジラ撮影ではブレが怖い。
最低限1/320〜1/500で設定したいところ。

ISOの上限を決められる。
TG-4でISOオートにした場合、上限設定を決められなかった。
ISOが上がるとノイズがのりやすいことになるけど、TGのセンサーでどこまでが許容範囲になるのかは、試してみないとわからない。

 

あとはTG-4と同じような設定。

 

設定
・モードはプログラムオート
・ISO感度 AUTO
・ホワイトバランス水中2
・フラッシュ 発光禁止
・高速連写
・RAWかRAW+JPEG

TG-6よ、よきにはからえ!!

 

撮影したRAWデータはスマホのrightroomを使って無料で編集することも可能です。
PCでやった方が楽やし、データの管理もしやすいけどね!

 

ジャーニーのホエールスイム
沖縄
乗り合いは那覇から出港で、2月3月、海況が許す限り毎日開催。
週末や連休は埋まりかけているのでご予約はお早めに。
沖縄本島ホエールスイムのページ

リクエストベースでのチャータースイムでは少人数でのツアーにできたらなと思っていて、
定員4名、多くても5名におさえて開催予定。
カメラがなくてももちろん参加はOKで、とにかくゆっくりザトウクジラと向き合えるチャンスを作ってみたい。
写真を撮りたい方も撮らない方も、じっくりとクジラの観察に集中できるようなツアーを沖縄でも開催しようといったものです。
もちろんクジラ次第ではあるけれども…
今のところ3月13・14日は3名空きあり。3月20・21日は満席。
別日程でも空きがあればご案内しますので、詳細・料金も含めてお気軽にお問合せください。
お問合せページ

奄美大島 チャーター開催
2021年2月
14〜17 満席
17〜20 満席


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA